1-ドローの形式

 ドローの形式に関しまして、大会ルールに記載の試合保証数を皆様がプレーいただけるよう配慮し作成してまいります。同じグレードや種目、参加人数、面数によってもドローの形式が変わりますのでお含みおきください。
 詳しくは、当日スタッフがご説明いたします。

2-知人とのドロー分けに関して

 下記①~③のうち、いずれかでご連絡いただいた場合、可能な限り予選ブロックを分けるようにいたします。 ドロー数や同所属者の数によっては対応できかねますので、ご了承ください。 また、大会当日の申告に関しては対応できません。
 オープングレードの場合、ランキングポイントに応じたシード選手を決める為、ドロー分けは原則出来かねます。

①アカウントの所属が同一の場合 (ダブルス・団体戦の場合は代表者の所属)

②事前にレオーネ本部にメールにてご連絡いただいている場合(問い合わせフォーム

③エントリー時「連絡事項 (任意入力)」にその旨をご入力いただいている場合

3-セミリーグドロー

 レオーネカップではセミリーグドローを多く活用しております。通常のリーグ戦の反対側にも斜線を引いたドローになります。予選ブロック4名の場合、総当たりではなく2名と対戦し、順位を決めるドロー形式です。(※下図も参照)

4-取得ゲーム率について

「取得したゲームの合計数」÷「全試合のゲーム合計数」=「取得ゲーム率」
「取得ゲーム率」の数が高い方が勝者となります。

例)セミリーグドロー

5-エキシビションマッチとは

 試合経験を目的とした親善試合です。

6-シードに関して

 オープン大会に関しては、所持ランキングポイントに応じたシード者を決め、ドローを作成いたします。その為、知人の方とのドロー分けは原則出来かねますので、ご了承ください。

7-代理での申し込み

 ご家族や知人の方のアカウントを使い、代わりで申し込む事を原則、禁止とさせていただきます。なりすましや個人情報の漏洩、卒業規定やランキングポイントにも反映してくる為、ご協力のほどお願いいたします。どうしても難しい場合は、お問い合わせにてご相談ください。